アルミラル・ジクロフェナクNa / Almiral(Voltarenのジェネリック版)


鎮痛消炎剤について

Almiral50 アルミラル50・ジクロフェナクNa 50mg

50mg 300錠(シート)
¥4,200(送料別)

数量:

50mg 500錠(シート)
¥5,280(送料別)
- 薬品会社へ注文要 -

数量:

50mg 1000錠
¥9,980(送料別)
- 薬品会社へ注文要 -

数量:

【製造会社---アルミラル・ジクロフェナクNa / Almiral】

Medochemie(ヨーロッパ キプロス製)
Medochemie社ホームページはこちら。
Medochemie社は1976年設立の比較的新しい薬品会社ですが、 製品はヨーロピアンガイドラインに沿って生産されており、 それらの製品は100ヶ国以上に供給されています。 現在工場が11施設あり、キプロス(9)、オランダ(1)、ベトナム(1)となっております。 医薬品は錠剤・カプセル・液体を含め多種あり、特に抗生物質、循環器系疾患薬、鎮痛消炎剤には以前から定評があります。


【配合成分---アルミラル・ジクロフェナクNa / Almiral】

Diclofenac sodium 50mg


【薬剤師コメント---アルミラル・ジクロフェナクNa / Almiral】

お問い合わせのございました、Diclofenac sodium(ジクロフェナクナトリウム)の現地での処方現状についてご説明いたします。
◆25mg - オリジナル薬の場合は割高の為、Voltaren(ボルタレン)25mgを処方することが殆ど無く Voltaren(ボルタレン)50mgを処方するか、ジェネリック薬の50mgを処方するのが一般的。
◆50mg - オリジナル薬の場合、Voltaren(ボルタレン)ではなく、NovartsのCataflam/Voltaren XR(カタフラム・ボルタレンXR)が選択されます。またはジェネリック薬の50mgを処方するのが一般的。
◆100mg - ジェネリックの処方も多くなってきました。


Voltaren(ボルタレン)50mg のジェネリックで現地で評判のよいものはMepha(スイス)社とこのMedochemie(ヨーロッパ キプロス製)社です。 ただ、Mephaは価格面からかなり高めとなる為、ジェネリックの第一選択としてMedochemie(ヨーロッパ キプロス製)社が処方されます。


【説明---アルミラル・ジクロフェナクNa / Almiral】

Almiral(アルミラル・ジクロフェナクNa)は、Diclofenac sodium(ジクロフェナクナトリウム)が成分の、合成酵素シクロオキシゲナーゼ(COX)抑制剤 と呼ばれる非ステロイドの消炎薬(NSAID)です。 この薬は効果が長時間持続しますが、副作用にも注意が必要です。 さまざまな炎症を鎮めて、腫れ・発赤・痛み・熱などの症状を抑えます。